禁煙を成功させるには

禁煙を成功させるには?

禁煙してても吸いたい、医学的な理論

喫煙者にとってタバコをやめるということは非常に耐えがたいストレスとなります。
タバコを吸えないということで非常に強いイライラを感じてしまうというのは、中には迷信や気の持ちようだというような人がいるのですが、実はこれは明確に医学的な理論が存在しています

医学的なイメージ ではその禁煙の時のイライラの仕組みとは何かというと、これは脳のニコチン受容体の働きが関係しているのです。
人の脳にはニコチンと結合するニコチン受容体が存在しており、喫煙時にはタバコの煙とニコチンが肺から血中へ移動し、そしてニコチンは脳へ到達します。脳に到達したニコチンはニコチン受容体と結合することでドーパミンという快感物質を分泌し、人の体は快感を感じるようになります。

そして「ニコチンが身体に入ってくると快感を感じる」ということを脳が覚えることで、喫煙者は無意識のうちに「あの快感を味わいたい」という欲求を持つようになってしまい依存に繋がってしまうという訳です。
「タバコを吸いたい」という欲求は禁煙をしていない時だとそこまで問題にはなりませんが、禁煙中はその欲求を意図的に叶えないようにするのですから、非常に耐えがたい苦痛になるのです。生物本来の欲求とは異なりますが、例えば自分が趣味として毎日行っていることを禁止されるような感覚を一緒です。

しかし理屈で言えば、これはニコチンが欲しいという身体の欲求があるのであり、決してタバコが吸いたいのではありません。そのためタバコ以外の手段によってニコチンを補給してやるようにすると、禁煙中のイライラは大部分が押さえられるようになります。
タバコをくわえて深呼吸をするという行為自体を習慣としている場合はニコチンを補給するだけで全てのイライラが解消できるわけではなくなりますが、医学的な理論から言うとこうした理由があるためニコチンパッチが使われているのです。

再発しにくい禁煙方法

健康のことを考えて禁煙をしようとしてみてついに達成できたと思ってはみたものの、数ヶ月を経ていつの間にか吸い始めてしまっていたということを経験する人もいます。喫煙は習慣化してしまっていることが多いため、やめることができた人でもふとした拍子に吸い始めるとまた習慣として吸い始めてしまうということがよくあるのです。
禁煙に失敗するひとで特に多いのは、ただ煙草を買わないようにすることで禁煙を達成したケースであり、ふとした機会に煙草を吸ってその魅力に駆られてしまうと常習化してしまうことになりがちになります。
そのため禁煙方法も工夫する必要があり、再発防止策をとっておくことが重要です。

そのアプローチの一つとして有用なのが煙草がおいしくないという印象を作ってしまうことであり、禁煙補助のための医薬品を使用することによって実現できることが知られています。煙草には魅力がないということを本能から理解しておくことによって、また吸いたいという気持ちをおさえてしまうことができるのです。

その他のアプローチとして有用なのが習慣を置き換えてしまうものであり、煙草の代わりに別のものをくわえる習慣を作ることが有用となります。口元が寂しいというのは煙草がやめられない人に多いものであり、代わりになにかをくわえることでそれを習慣にすることができるのです。
試しにペンをくわえた男性 パイプや電子タバコに置き換えるというのはその基本的な方法であり、有害物質を含まないものに置き換えることで結果として禁煙を成功させることができ健康を目指せるようになるでしょう。こういった方法はただ喫煙の再発防止になるだけでなく、禁煙の取り組みそのものも補助してくれることから有用性が高く、禁煙に取り組もうと思ったら考慮する価値があるものです。

チャンピックスの気になる禁煙成功率

チャンピックスは禁煙したい人が利用する禁煙補助剤です。禁煙を開始すると大半の人がイライラしたり、集中力が低下するなど落ち着かない状態になりやすくなりますが、これは煙草に含まれているニコチンが原因であり、いわゆるニコチン依存症と呼ばれるものがある為、禁煙をしてニコチンが体内に入らなくなる事で離脱症状として現れて来ます。

この離脱症状を抑えてくれる作用があるのがチャンピックスで、12週間継続して服用する事で禁煙の成功率は92%になると言われています。禁煙をすることでニコチンが体内に入らない、そして離脱症状を引き起こす原因と言うのは、ドーパミンが分泌されなくなるからだと言われています。
煙草を吸うとニコチンは体内に取り込まれ、これが脳内物質のニコチン受容体と結び付くと、快感物質のドーパミンが生じて煙草を美味しく感じさせたり、満足感を得られるようになります。

チャンピックス チャンピックスは服用すると少量のドーパミンが分泌されるため、煙草を吸わない状態でも喫煙をした時と同じような状態に導いてくれますし、煙草を吸ってしまった場合にニコチン依存が生じてしまう事になりますが、チャンピックスを服用する事でニコチン受容体に結びつくものを抑制させるため、依存度が戻ると言う事は無いと言われているのです。
そのため、12週間と言う期間の中できちんと服用をし続ける事で92%の成功率になると言われているのですが、禁煙に成功してチャンピックスの服用をしなくなり、再び喫煙をしてしまうと言うケースも在ります。
因みに、12週間の禁煙治療を受けて、一度成功に導いても再び喫煙をしてしまうと言うのは、意志の問題でもあり完全に煙草を断つと言う意味においての成功率と言うのは高い評価を得ていると言った特徴が在ります。