禁煙を成功させるには
禁煙を成功させるには?

会社にも広がる禁煙の流れ

このエントリーをはてなブックマークに追加

近年禁煙をする方が増えております。
理由としては、煙草自体の値上げや喫煙スペースの縮小が挙げられます。

しかし、煙草は嗜好品でありますので簡単に禁煙することもできないので喫煙者にとってはとても辛い状況となっております。

そういった世の風を受け、禁煙を推進する企業が増えてきております。
現在、社内の自席で喫煙を許している企業は少数派です。多くは専用の喫煙スペースで喫煙することをルール化されており、車内での喫煙禁止を進めるところから始める場合も多いと言われております。

理由としては禁煙者にとって車内での喫煙は衣類ににおいがついたり、酔いで気持ち悪い症状を発症させる原因になってしまったりするからです。

こう言った場合は、メールや社内の掲示板等で社内通知されルールが開始されます。喫煙しながらの運転は、注意散漫になる原因にもなりますので、この社内通知は納得できます。

最近では、勤務時間中の喫煙を禁止する社内通知を行った企業もあります。
これは、禁煙者と喫煙者とで休憩時間に差があることが指摘されたことが発端だと言われております。
ここまで来ると、強制力が働いてしまいますので、果たして良しとしてよいものか悩ましいところではありますが、
禁煙実施中の会社
この企業はかなり思い切った判断をしました。
禁煙者にとっては、煙草の不快な臭いに思い悩むことがなくなりましたのでメリットと言えますが、

喫煙者にとってはかなり迷惑な気持ち悪いルールと批判も出ていることが現状です。
企業で決定した事項にも関わらず、目の届かないところで喫煙している社員がいることも現実としてあります。

しかし、気持ち悪いルールと批判されながらも、禁煙を実行した企業は今後も増えていくことでしょう。